卒業検定を見越したライディングを学ぶ! 普通二輪 第二段階 3回目

3回目の今日は卒業検定を見越したルートを実際に走ります。

卒業検定の際のルートは2つあるのですが、そのうちの1つを自分が先頭になって走る感じですね。

走るということは、そう、ちゃんと地図を記憶しておかないといけません。

前日に初めて地図を見て、ほとんど覚えていない状態で挑んだ結果ボロボロでした・・・

ところで教習所の最高速度は何キロか知っていますか?

教習所によって違うかもしれませんが、一般的には30km/hです。

日の丸自動車は直線距離が短いのでそもそも30km/h以上出すのが難しいですが、うっかり40km/hを出してしまうと速度見てないとして減点されてしまいます。

3速でどのくらいのアクセルをひねったら、どのくらいのエンジン音なら何km/hと、覚えておきましょう。

 

そしてよくチェックされるポイントはウィンカーや後方確認、車線変更です。

特にウィンカーの消し忘れは多いので意識しておいた方がいいかもしれません。

また、ブレーキも前輪だけ、後輪だけ使うのではなく、前後バランスよく使いましょう。ここもチェックされています。

 

と、一通りチェックされるポイントを講習してもらったところで、教習生→教官→教習生の順番で実際に走ってみましょう。

 

今までは教官が先頭を走っていたのでなんとなく安心感があったのですが、実際に自分が先頭を走るってかなり緊張します。

教官も真後ろでチェックしていますしね。。。

一応、ルートを忘れても次は○番の角を曲がってください。と言われます。

当然ですが、当日は何も言われません。。。

 

それではルートを再度確認しましょう。

普通二輪 卒業検定ルート その1

普通二輪 卒業検定ルート その2

今日は知ったのはその1の方でしたが、見てのとおり結構長いんですよね~。

10代、20代の若かりし頃は問題ないかもしれませんが、30超えてからルートを覚えるのは大変です(笑)

しかも当日はどちらのルートを指定されるかわかりません。完全ランダムです。

頭の中で完全にインプットし、当日までに何度もシミュレーションをしておきましょう!

コメント