車に乗ってケース・スタディ! 普通二輪 第二段階 2回目

ケース・スタディでは交差点で多発している事故を車視点で学びます。

2回目の今日はまず車に乗って事故のケース・スタディを学ぶどころからです。

私は普段自動車を運転しているんでよくわかるんですが、バイクって本当に自動車から見えにくいんですよ。。。

迫ってくるスピードもわかりにくいですし、ミラーの死角に入ることも多くヒヤっとしたことが何度もあります。

そこで今回は、車からバイクがいかに見えにくいか、そしてよく交差点で発生するバイクと車の事故について自動車目線で学んでいきます。

 

交差点で多発するバイクの事故は以下の3つ

・バイクと自動車の右直事故

・出会いがしら事故

・左折時の巻き込み事故

実際に教官の運転する車に乗って、別の教官が右直事故を再現したり(もちろん直前で止まります)、見通しの悪い交差点のバイクの見えにくさを体感します。

バイクと車で事故を起こすと、車に乗っている人はほぼ無傷で済むことが多いですが、バイクに乗っている人は必ずと言っていいほど大怪我を負います。

事故に巻き込まれないよう、車から自分が見えているかな?と意識することも大切ですね。

 

車でのケース・スタディが終わったら引き続きバイクに乗り、卒業検定を意識した走行練習をします。

一本橋、スラローム、S字、クランク、急制動、坂道発進を後方確認、適切な走行位置を意識して行います。

ここで新たに項目が追加され、「踏切の渡り方」を初めて実施しました。

踏切のポイントは

・停止線で一時停止

・電車が来ないか左右確認

・坂道発進の要領で発進

・ギアを変えずにローで渡り切る

といったところです。線路のど真ん中でエンストしたら大変ですので、ギアはローで渡り切りましょう。

 

残すはあと6回!目指せ卒業検定合格!

コメント